• 家族葬にかかる費用は幅がある

    家族や近親者のみで行う『家族葬』は、一般葬とは違った価格設定となっています。それぞれの家族によりどのような葬儀にしたいのか、希望や要望が異なるため実際に見積もりした段階で大体の価格が決まります。葬儀社によって基本プランやその料金が設定されていて、家族の人数や規模によっても変わってきます。大まかな目安としては50万円ぐらいからで、上限はかなり上まであるものと考えられます。



    依頼を予定している葬儀社で『家族葬』のプランを確認しておくことが必要です。

    @niftyニュース技術のご紹介です。

    また、基本プランの料金の内訳を確認することも大切です。
    希望する葬儀になったことで、思っていた以上の費用が掛かってしまったというケースも少なくありません。

    葬儀社を比較する際にも、基本プランの価格とその内訳を理解し、必要な項目を追加することでどのくらいの追加料金が発生するかなどを見積もったうえで依頼すると良いでしょう。



    家族葬では一般の弔問客を呼ばないため、接待費や香典返しなどを考える必要がない分、すべてが自己負担となると考えておきましょう。

    一般葬に比べ費用が掛からないと考えてしまいますが、負担する部分が大きいことも頭に入れておく必要があります。葬儀を行うことは、人生の中でも数回あるかないかのことです。分からないこともたくさんでてきますし、時代とともに変わってくることもあります。

    その時々で、葬儀のことは葬儀専門の方に聞き、流れや段取りを知ることが必要です。

  • 知りたい情報

    • 一般の葬儀と比べ『家族葬』は葬儀内容の自由度が高く、費用を抑えることも可能です。基本プランに追加することもなく、シンプルな最小限のお弔いをしたいのであれば、見栄えの良い華やかさを抑え、故人の好きだった花だけを飾ることも出来ます。...

  • 行事の事柄

    • 一昔前は、葬儀と言えば多くの参列者が訪れ、遺族が悲しみに暮れる暇もないと言ったものが中心でした。こうした風習は、遺族が葬儀の多忙の中で、悲しみに押しつぶされる事が無い様にと考えられた先人の知恵によるものとされています。...

  • 最新情報

    • 最近では、一般の葬儀ではなく家族葬を希望する人が増えています。参列者として、家族や近親者のみで執り行うという以外に、儀式的には一般葬と変わりはありませんが、一般弔問客に遠慮していただくため、接待などを行う必要がなく、故人との最期の時間をゆっくり過ごすことができるのが家族葬の特徴です。...

  • 行事の秘密

    • 「家族葬」とは、その名が示すとおり、家族や親しい親族・知人等のみで小規模に執り行われる葬儀のことです。以前はそれほど目立ちませんでしたが、最近、この「家族葬」という葬儀のかたちを選ぶ家族が増えてきつつあります。...