• 派手な葬儀を避けて家族葬を営む人が増えています

    一昔前は、葬儀と言えば多くの参列者が訪れ、遺族が悲しみに暮れる暇もないと言ったものが中心でした。


    こうした風習は、遺族が葬儀の多忙の中で、悲しみに押しつぶされる事が無い様にと考えられた先人の知恵によるものとされています。



    この様に、従来の葬儀にも良さはありますが、その費用が余りにも高く、また忙しさの中で故人をしんみりと偲ぶ事も出来ないと言う点から、少人数での家族葬を営む人が増えています。

    名前は家族葬と呼ばれていますが、小さな式場で家族を中心に20名程度の葬儀を前提としたもので、参列者は何も家族でなければいけないと言うものではありません。

    goo ニュースの情報をお届けします。

    家族や親しい友人で故人を偲び、故人の思い出を語り合い、しめやかに送ろうと考える人が増えているのです。



    こうした家族葬の専用の式場は、一般的に狭く、それゆえに祭壇も小さくても貧弱に映らず、また家族や親しい友人等が中心の為、見栄など張る必要もなく、実質本位の葬儀とする事が出来、その為に費用を格安に抑える事が出来るのです。

    また家族葬では、通夜・葬儀を一般の葬儀同様に営む葬儀と、通夜式を営まない1日葬の両方を、一式料金として設定している所が多いものです。


    1日葬を選択すれば、さらに料金は抑える事が可能です。


    どの様な葬儀を営むかは、亡くなった方の年齢や、遺族の考え方で、色々なバリエーションの中から選べる時代になったと言えるでしょう。
    高齢者の親が居られる家庭等では、お元気な間に、ご本人の意思や子供間でどのような葬儀を営むべきかを話し合って置けば、いざと言う時にバタバタせずに葬儀会館を選ぶ事ができます。葬儀をタブー視するのではなく、最後の儀式としてもっと考え、話し合うべきだと思います。