• 増えている「家族葬」

    「家族葬」とは、その名が示すとおり、家族や親しい親族・知人等のみで小規模に執り行われる葬儀のことです。



    以前はそれほど目立ちませんでしたが、最近、この「家族葬」という葬儀のかたちを選ぶ家族が増えてきつつあります。

    毎日新聞は評判がとっても良くて有名です。

    この理由として考えられることは、昔のように二世帯・三世代といった大人数の家族が減ってきていること、また、時代の変化とともに、家族のかたちも複雑化してきていること、転職や転居を繰り返す人も多く、従来のような、故人や遺族の会社・隣人が手伝いに出向き、参列者も多く集まるような大規模な葬儀を行う状況になりにくいことが考えられます。



    葬儀を家族や親しい人たちだけで行うことには、メリットがいくつかあります。

    まず、費用を低く抑えることができることです。
    会場も小さくて済みますし、弔問客への接待もなく、式に使うものも華美なものを選ぶ必要がありませんから、従来型の葬儀と比べるとかなり費用を削ることが可能です。


    高齢化を迎え、遺族もすでに仕事をリタイアしているような場合には、大きな出費は難しいものですから、時代に即していると言えるでしょう。
    また、弔問客が多く訪れる葬儀では、遺族には、大切な人を失った悲しみを抑えながら弔問客の相手をしたり、式次第を細かく決めていかなくはならず、かなりの心的・体力的負担がありました。

    その点、「家族葬」なら、弔問客は来ませんから、ゆっくりと最期のお別れをすることができるのです。