• 人気の高まる『家族葬』とは

    最近では、一般の葬儀ではなく家族葬を希望する人が増えています。



    参列者として、家族や近親者のみで執り行うという以外に、儀式的には一般葬と変わりはありませんが、一般弔問客に遠慮していただくため、接待などを行う必要がなく、故人との最期の時間をゆっくり過ごすことができるのが家族葬の特徴です。社会的立場によっては、一般の葬儀を行わなければならない方も多いようですが、葬儀に関しては、どうしても「家族葬」を行いたいのであれば、後日「お別れ会」などの場を作ることで希望を叶えることも出来ます。


    また、寿命が延びたため社会から退いて何年何十年も経ってしまうと、呼ばなければならない方の数も少なくなります。とくに高齢の方のご希望として家族葬を行うケースも増えているのです。

    朝日新聞デジタルの人気度が上昇しています。

    形式的なものではなく、家族や近親者のみでゆっくりお別れをしたいということから実現した家族葬で、故人の希望通りのお別れができることが望ましいのです。
    一般葬と比べると、規模自体が小さく参列者の数は身内の数ということで、費用的にも抑えることができます。葬儀社によって基本プランは様々ですが、プランの中に含まれるものが異なる場合があります。自由度が高いことから、プランの内訳は必要最低限ものだけの場合も多いようで、希望通りの葬儀にすると追加料金がかなりかかっていたということにもなり兼ねませんので、全体の見積もりを取っておくことが必要です。
    プラン内容についての変更などにも、柔軟に対応してくれる葬儀社に依頼することで納得のいくお弔いになるのです。